Web予約
tel.052-702-5884
地下鉄一社駅 下車すぐ
駐車場完備
予約患者さんのみ受付(土曜日は12:00~14:00)
休診日: 水曜、土曜午後、日曜、祝日
診療時間表 日祝
9:00-12:00
12:00-13:00
16:00-19:00

更年期外来

更年期障害

更年期外来

年齢的に45歳~55歳の閉経期前後に起こる多彩な症状を更年期障害と呼びます。症状は変化しやすく、程度も一定しないことが多く、不安定(不定愁訴)になりやすいです。ストレスで眠れない、突然の発汗やほてりがある、動悸がして座り込んでしまうなど、人によって症状は千差万別です。

体の症状

  • 体が重だるい
  • 立ちくらみ
  • 疲れやすい
  • 耳鳴り 
  • のぼせる
  • 動悸 
  • 顔がほてる(ホットフラッシュ)
  • 手足の冷え 
  • 大量の汗をかく 
  • むくみ 
  • 肩こり、腰痛  
  • 頭痛、頭重感

など

心の症状

  • イライラ
  • 不眠
  • 不安
  • 意欲の低下
  • もの忘れ

など

薬物療法として、ホルモン補充療法、漢方薬、プラセンタ療法などを行っていきます。
更年期障害は多彩で複雑な病気で分かりにくいことが多いので、患者さんの悩みをうかがって、更年期障害に結びつくような生活習慣を改善していくことも重要になります。また、甲状腺疾患と似たところがあるのでその鑑別も必要となります。40代半ばを過ぎてどうも変だな調子が悪いなと思ったら、一度当クリニックにご相談ください。

治療の内容

ホルモン補充療法(HRT)

急激に減少するエストロゲンを必要最小限に補充することです。しかし、エストロゲンだけを補充すると、子宮からの出血や乳房のはりなどの副作用を伴うことが多いため、それを防ぐために黄体ホルモン(プロゲステロン)という、もう一種類の卵巣ホルモンを併用して実施していきます。

漢方

症状の一つ一つに合わせてお薬を処方していくやり方です。緩やかな効き目ですが、副作用の心配もあまりありません。

プラセンタ療法

胎盤製剤「メルスモン」を使用します。ヒトの胎盤から抽出したエキスを原料とする生物製剤で、アミノ酸、核酸、塩基、ミネラルなどが含まれ色々な効果が期待されます。ホルモン、たんぱく質は含有されていません。更年期の治療には保険適用があります。ホルモン補充療法や漢方薬で十分な効果の得られない方にはお勧めです。

クリニック名
一社駅前こばやしレディースクリニック
院長
小林 久晃
診療内容
婦人科、産科(妊婦健診のみ)
住所
名古屋市名東区一社2丁目8番 
オオタ一社ビル 2F
TEL
052-702-5884
最寄り駅
名古屋市営地下鉄東山線「一社駅」下車すぐ
駐車場完備
イラストマップ
予約患者さんのみ受付(土曜日は12:00~14:00)
休診日: 水曜、土曜午後、日曜、祝日
診療時間表 日祝
9:00-12:00
12:00-13:00
16:00-19:00
Page
Top
ピル外来はこちら